【2024年】レッドカラーを持続させるカラートリートメントおすすめ4選 |色落ちが早くなるNG行動もご紹介!

赤髪 カラートリートメント

今季のトレンドカラーであるレッド系カラー。
日本人の髪には赤みのある発色をするメラニンが豊富ではありますが、
日々のシャンプーでどうしても綺麗なレッドでも色味が抜けて来てしまいます。
そうならないためにも!染めた髪色を長期間キープ出来るカラーシャンプーをご紹介♪

髪のカラーリングが落ちるNG行動


NG行動① | 熱湯で髪を洗い流す

シャワー

髪を熱湯で洗ってしまうと髪表面のキューティクルが剥がれたり、破壊されてしまい痛んでしまう可能性が高いです。
髪がダメージを受けるとカラー剤の抜けも早くなるので早ければ1週間程度でカラーが抜けてしまい、髪にもダメージを与えてしまいます。
髪を洗う際の水温は38度程度が汚れが落ちやすく、髪にも負担がかかりにくいと言われています。
シャンプーを変えてもカラーの持ちが悪いと感じる方はシャワーの温度を一度確認してみましょう。

NG行動② | 髪を濡れた状態で放置する

濡れ髪 髪ダメージ

お風呂あがりなどに髪を放置してしまうとカラーの色落ちをかなり進行させてしまいます。
めんどくさいや、夏場で暑いからと自然乾燥させてしまいがちですが、
髪の色落ちだけでなくうねりや癖がひどくなったり、パサつきの原因にもなるのでなるべく早めに乾かすようにしましょう。


NG行動③ | 日焼け止め対策をしない

紫外線

髪も肌と同様に、紫外線の影響を受けてしまいます。
日焼けを起こした髪はキューティクルがダメージを起こしてしまっているので
カラー剤が抜けやすく、色落ちが早くなてしまいます。
それだけでなく、髪が硬くなったり指感触が悪くなったりと悪影響となってしまいます。
そうならない為にもしっかりと対策しましょう♩
髪の紫外線対策には手軽なスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

↓スプレータイプのおすすめ日焼け止め!

赤みカラーにおすすめのカラーシャンプー


アンナドンナ|エブリ カラートリートメント ワインレッド

アンナドンナ|エブリ カラートリートメント ワインレッド

少し薄めのほんのりとした赤みに発色させたい方におすすめのエブリカラートリートメント。
カラーが落ちてきて黄ばみが出た髪に赤みをプラスしてくれる優しい発色です。
奇抜なヘアカラーになりたくない方におすすめです。
洗い上がりもカラートリートメントに多いきしみも気になりにくい♪

アンナドンナ|エブリ カラートリートメント ワインレッドの購入はコチラ


カラージェネレーション | カラージェネレーション ブラッディレッド

カラージェネレーション | カラージェネレーション ブラッディレッド

しっかり赤みを発色させたい方におすすめ☆
深みのある赤色がしっかりと発色しするので
モードな雰囲気やエッジの効いた赤みがお好きな方に☆
色が濃いめに入るので、持ちも良く、トリートメント後も高頻度で何度もトリートメントしなくていいのでコスパも◎

カラージェネレーション | カラージェネレーション ブラッディレッドの購入はコチラ


クイスクイス | デビルズトリック

クイスクイス |  デビルズトリック

高発色のデビルズトリックのワイルドレッド。
しっかりと赤を感じることができます。
赤みが強く発色すると暗めの色になりがちですがワイルドレッドは明るいトーンのまま赤く発色してくれるので、バランスの良いヘアカラーを楽しまます。

パイモア | スペクトラムカラーズ ペールロゼの購入はコチラ



エンシェールズ |  ANCELS COLOR BUTTER リアルレッド

エンシェールズ |  ANCELS COLOR BUTTER

かなり高発色なエンシェールズのANCELS COLOR BUTTER。
鮮やかでピンク味の強い赤のヘアカラーに仕上がりやすいです。
パキッとした派手な赤髪にしたい方におすすめです☆

エンシェールズ |  ANCELS COLOR BUTTER リアルレッドの購入はコチラ


↓こちらのコラムもおすすめ!